TOPへ

在宅ケア ペット用酸素室のレンタル ピコの手

各部の名称・操作方法

各部の名称・操作方法

各部の名称




操作方法

  1. 酸素濃縮器本体とケージを酸素チューブでつなぎます。
  2. 電源プラグをコンセントに差し込みます。
  3. 本体の電源スイッチをONにして、ペットをケージに入れます。
  4. 始動から約20分〜30分で酸素濃度が35%前後に達しますので、その後はペットの症状に合わせて酸素濃度を調節してください。
  5. 本体の操作で酸素流量を調節することができます。流量を増やしたい場合または減らしたい場合は、流量調整弁で調節してください。
  6. 酸素マスクをご利用なさる場合は、酸素チューブのジョイント部分に接続してお使いいただきます。
  7. 本体にはタイマーを使って電源をOFFにする機能が備わっています。詳しくは取扱説明書をご覧ください。

 


加湿機能について

酸素濃縮器には加湿機能が備わっています。空気が乾燥する秋から冬にかけては、この機能を使ってケージ内の湿度を高めることができます。


加湿ボトルの装置はネブライザーとは異なりますが、ネブライジングとして活用することもできます。ネブライジングとは、抗生剤、気管支拡張剤あるいは去痰剤などを混ぜた蒸気を酸素室に発生させ、ペットの肺に直接的に薬を浸透させることを言います。呼吸器疾患をかかえるペットには効果的な治療法と言われています。ネブライジングが必要になった場合は、あらかじめ獣医さんと相談してからお使いください。

 


日常のメンテナンス

  • 酸素濃縮器はお部屋の空気を吸い込んで酸素を生成しますので、本体のまわりにホコリが溜まらないようにこまめに掃除をしてください。空気の吸い込みを良くするため、なるべく本体の周りには物を置かないでください。
  • 本体が汚れた場合は、なるべく生地の柔らかい乾いたタオルで拭き取ってください。濡れタオルで拭くときは、感電を避けるため必ずスイッチをOFFにして電源プラグをコンセントから抜いてください。
  • 底面の外部フィルターは、掃除機などを使って定期的にホコリを取るようにしてください。ほこりが詰まると十分な空気を吸い込むことができず、装置が正常に作動しなくなる可能性があ ります。
電源をOFFにしたあとに再始動させる場合は、5分ほど時間をおいてから電源をONにしてください。

→詳しくは安全にお使いいただくためにをご参照ください

 

トップページへ