TOPへ

在宅ケア ペット用酸素室のレンタル ピコの手

酸素室ご利用例

酸素室のご利用例

酸素室のご利用例をご紹介いたします。酸素濃縮器とケージの組み合わせでいろいろな使い方ができますので、ご利用方法、ペットの性格などをお考えのうえ酸素室をお選びください。
弊社では持運び可能な酸素濃縮器オキシビーナス・ミニもご用意しております。病院への通院あるいは外出時の車内での酸素吸入に便利です。また、ご自宅で小動物用の酸素吸入器としてもご活用いただけます。

 

酸素室の選び方やご利用方法など、お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

 

 

 

 

《 小鳥 》型動物用機器、ケージ

ふだんお使いになっている鳥かごがある場合は、そのままケージの中に入れてご利用いただくと、ペットも早く環境に慣れ、違和感なく過ごすことができます。飛び散りが多い場合は、床にペットシーツを敷くとお掃除が楽になります。

 

 


 

《 猫 》型動物用機器、ケージ

ペットがケージに慣れてくると、体調に合わせて自分から出入りするようになります。最初のうちは繰り返し手で誘い入れるなどして、ペットに出入り口を覚えさせるようにしてください。


 

《小型犬》型動物用機器、ケージ

ペットのにおいが付いているマットやクッション、あるいはおもちゃ等をケージ内に入れてあげると、ケージに対する抵抗を減らすことができます。
どうしてもケージ内に入ろうとしない場合は酸素マスクのご利用が効果的です。無理に閉じ込めてペットにストレスがかかるようなやり方はお避け下さい。


 

《小型動物》型動物用機器、ケージM

小型動物でもペットシーツやベッドなどを置いて広くお使いになりたい場合は、Mサイズのケージをお選びください。その場合、供給能力が高い中型動物用酸素濃縮器をお使いいただくほうがケージ内の酸素濃度が早く安定します。

 

 


 

《中型犬》型動物用機器、ケージM

中型犬は小型動物よりも呼吸量が多いため、呼吸状態によってはケージ内の酸素濃度や湿度が不安定になります。こまめに計器の数値をチェックしてください。

温度・湿度管理はこちら

 

 


 

持運びタイプ…車内で

酸素チューブをペットキャリーにつなげれば、移動中でも車内で酸素吸入させることができます。電源は車のシガーソケットからとります。

持運びタイプは販売商品です。

 

なお、酸素室のレンタルご契約中のお客様に対しましては、ご要望に応じて持運びタイプをお貸出ししております(有料)。


 

持運びタイプ…ご自宅で

市販のハムスターケージに酸素チューブをつないだ例です。ケージの隙間は厚手のビニールシートか透明のアクリル板で塞ぎます。鑑賞魚用の水槽や小さなガーデンハウスで代用することもできます。


  

 

 

                                                 

トップページへ